So-net無料ブログ作成

上越国境を越えて (2014年9月) [谷川岳]

9月8日(月)    くもり

土合駅 ~ 西黒尾根 ~ 谷川岳 ~ 一ノ倉岳 ~ 茂倉岳 ~ 茂倉新道 ~ 土樽駅
(土樽駅より電車で土合駅に戻る)

14.9.8.5.jpg
西黒尾根にも秋の気配

通算20回目の谷川岳。 
西黒尾根~山頂経由での上越国境越えに臨みます。
電車利用なら10分のところを10時間かけて歩く谷川マニア(M)にはメジャー(M)でマゾ(M)な憧れのトリプルMルート(笑)
おととし蓬峠経由での国境越えを経験していますが、このときの国境越えわたしたちには結構ハードだったのです。
http://yoshikoronron2.blog.so-net.ne.jp/2012-07-30

おそらく山頂越えはさらにハード・・・
最悪18時台の最終電車に乗れればいいね。
土樽発15:21分の上り電車目指して土合駅を4:30にスタートしました。









14.9.8.1.jpg
眺望のない急登の樹林帯を抜け、よっこいしょ。 鎖場を登ると・・・










14.9.8.2.jpg
男前が現れます♪










14.9.8.4.jpg
お!? 男前同士のコラボ!?(笑)










14.9.8.6.jpg
カッコイイねぇ~~










14.9.8.7.jpg
何度訪れてもここから眺める谷川岳の男前振りには惚れ惚れします[黒ハート]










14.9.8.9.jpg
森林限界を抜けた頃からこの辺りまで1頭のアサギマダラがずっと私達と同じペースで羽ばたいていました。

まだこんな所にいて大丈夫? 早く南へ行かないと。
この日は群馬側から新潟側へと風が吹き抜ける悪条件。 旅の無事を祈らずにはいられませんでした。









14.9.8.10.jpg
さっきまであんなに晴れていたのに・・・





14.9.8.11.jpg
それでも神様がほんのひと時ご褒美をくださいました♪





14.9.8.12.jpg
昨年歩いたオジカ沢の頭へと向かう主脈稜線





14.9.8.13.jpg
再び雲の中へ。 ほんのわずかな時間の出来事でした。










14.9.8.14.jpg
新しくなった トマの耳の山頂標識 (以前の標識は先日雷が落ちて壊れたそう)





14.9.8.23.jpg
今年2月に撮った以前の標識と一緒の写真。 長いあいだお疲れ様でした。 それにしても冬は空が蒼い~





14.9.8.15.jpg
今回はセルフタイマー間に合わずの図(笑)










14.9.8.16.jpg
オキの耳










14.9.8.17.jpg
トマの耳










14.9.8.18.jpg
もう一度振り返ってトマの耳。 またきます。










14.9.8.24.jpg
奥ノ院

このあと完全にガスに巻かれてしまったため、一ノ倉岳~茂倉岳あたりの写真はありません^^;
濃いガスおかげでノゾキから一ノ倉岳にかけて、すっぱりと切れ落ちた一ノ倉沢側の景色が見えなかったことは高所恐怖症の私にとっては幸いだったかもしれません。

ときおり向こうから来られた人とすれ違います。 
一ノ倉岳の急登を登っている際、逆ルート土樽から来られたというお兄さんとお話ししました。
(あとで伺ったのですが、本来はこのあと肩の小屋からオジカ沢の頭~万太郎を経て吾策新道を下る(*_*; 計画にしていたそうですが、この時点で脚がダメになってきていたので土合までのルートに変更されたそう)
この日すれ違ったのは5人。 みなさんザックが小さめだったので馬蹄形縦走ではなくおそらく土樽からの逆ルート。
ちなみに全員男性でした。
この日山頂経由で土合から土樽方面へ向かったのはわたしたち2人だけでした。









14.9.8.20.jpg
茂倉新道

今回は10時間の歩き+電車の時刻という時間制限があったため、体力温存のため出来る限り荷物を軽くして歩きました。
交換レンズもなし。 写真を撮ることも極力控え、急がず慌てず自分たちのペースで歩くことに専念しました。

稜線上、下草が刈られ、手入れていたのは茂倉岳まで。
茂倉新道、下りはじめは足元が見えず歩きづらいです。 
下草に隠れていますが片側が切れ落ちている箇所もあるので足の裏で地面の様子を探りつつ歩きます。
矢場の頭を過ぎると悪名高い?「檜の廊下」地帯。 
そこを過ぎると疲れた脚をさらにドッと疲れさせる滑る赤土地帯・・・
茂倉新道・・・さすが侮れず。。。









14.9.8.21.jpg
ウメバチソウ

7月頃はお花の多そうな尾根だな・・・そう思いました。
この日はウメバチソウとミヤマコゴメグサが途切れることなく美しく咲いていました。

最後の赤土地帯をズ~リ、ズーリと滑りながら下り広い駐車スペースへ。
ここから駅までは約30分。 電車の時間にはまだ1時間以上 ^^v
ストックを片づけたり、おやつを食べたり、車道沿いをのんびり歩いていると前方から見たことのある2人組が!

「おぉぉ~! お疲れ様でした~!!」
一ノ倉岳付近ですれ違ったお兄さんたちです ヽ(^o^)丿
土合からの下り電車に乗り、無事戻ってこられていました♪
このときにお兄さんたちの当初計画は万太郎経由の予定だったことを伺いました。
稜線で会って、お互い無事歩き終えて、また下界でも会って・・・
同じ日に同じルートを歩ききった同士のような・・・なんだかとても不思議な嬉しい出逢いでした♪
今度は吾策新道で会える・・・かな!?









14.9.8.22.jpg
土樽発 15:21 上り電車

上越国境越え、無事計画通り歩くことができました ヽ(^o^)丿
蓬峠経由も山頂経由もハード加減はほぼ同程度・・・かな。
わたしたちはいずれも土合から歩いていますが、土樽への下りだけでいえば茂倉新道よりも蓬峠からの下りのほうが遥かに歩きやすいと思います。
上越国境越え、山頂経由だと標高差が大きく、蓬峠経由だと距離が長い・・・
さてみなさんはどちらがお好き!?(笑)


nice!(57)  コメント(22)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 57

コメント 22

achami

西黒尾根はちょっと憧れではありますが・・・
やっぱり、天神平からだな(^^;;
そうそう、トマの耳の標識、変わっちゃったんですよね〜!
by achami (2014-09-13 13:13) 

g_g

展望の良い尾根道ですね、さわやか自然百景は
何時が短い番組なのでせめて30分くらい放映して
欲しいと何時も思ってます。
by g_g (2014-09-13 17:51) 

よしころん

achamiさん♪
真夏に比べるとずいぶん気温が下がってきたので、西黒尾根今からは登りどきですよ ^^v
山登りの醍醐味が味わえるルートです。
一度はぜひ~ヽ(^o^)丿



g_g さん♪
この縦走ルートも何年も温めていました。
ややお天気に恵まれませんでしたがようやく歩くことができました♪
「さわやか自然百景」確かにいい番組なので、30分に拡大してほしいですね~
by よしころん (2014-09-13 18:33) 

tochimochi

>通算20回目の谷川岳
ですか~!まさに原点の山ですね。
この遥かな稜線を見るとそれも頷けます。
男前コラボも圧巻ですね。
お疲れ様でした。
by tochimochi (2014-09-13 21:47) 

ヴェール

西黒尾根登りで茂倉新道下りの、トリプルMルートですか。かなりきつそうですね。お疲れ様でした。
山地図では、矢場ノ頭から下部は、『木の根の露出多く歩きにくい』との記載がありますね。
「檜の廊下」地帯、越後駒から中ノ岳の間の「檜廊下」を思い出しました。そこもかなり歩きにくく、きつかった思い出があります。

by ヴェール (2014-09-13 23:32) 

ひろたん

もう20回ですか^^
我が家の庭になっているのではないですか。
素敵な尾根ですね。
NHKを見て見ます。楽しみ・・・
by ひろたん (2014-09-14 07:12) 

hrd

NHKあと10分程で始まるので観ます^^

by hrd (2014-09-14 07:33) 

Jetstream

番組、見損なってしまいました。 再放送があるといいですね。
by Jetstream (2014-09-14 10:50) 

山子路爺

雷が落ちたんですねぇ〜

土樽⇒土合だと、例の階段登らずに済みますね。

by 山子路爺 (2014-09-14 12:01) 

nousagi

ムムム、
羨ましい~
どうもこちら方面には嫌われたようで・・・。(>_<)
ちょっとしたズレが尾を引いて
今日はこんないい天気に自宅待機。
悶々としています。
いいな~

by nousagi (2014-09-14 14:03) 

ちんぐるま

20回ってすごい!
3000回目指してる方もいたような…
by ちんぐるま (2014-09-14 17:01) 

よしころん

tochimochiさん♪
いやいや、まだまだです~
とりあえず30回は目指したいですねぇ ^^v
男前コラボ、圧巻ですか!?(笑)
パートナー喜びます。 ありがとうござります m(__)m



ヴェールさん♪
このルート、思ったとおり厳しかったです。
でも静かに歩けるいいルートでもあります♪
茂倉新道の檜の廊下は急斜面ぶりは白毛門、根っこの激しさは茂倉新道、トータルではイーブンてな雰囲気です(><)
白毛門で鍛えてもらっていた分、多少はよかったかもしれません ^^;



ひろたんさん♪
そんなことはありません。
毎週のように登られている方はたくさんいらっしゃると思います。
近くなら毎週でも登りたい気持ちはあるのですが。
黒部五郎、スタッフさんとお話ししたこともあり気合いを入れて見てしまいました(笑)



hrd さん♪
ご覧になられましたか~^^
あそこに行ってました。(あんなにお天気ではありませんでしたがね(笑))
そうそう少しおそくなりましたがお誕生日おめでとうござります~ヽ(^o^)丿



Jetstream さん♪
BSプレミアムで月曜 午前11:00~11:14に再放送あるようです~ ^^v 
by よしころん (2014-09-14 19:58) 

よしころん

山子路爺さん♪
古い標識の見納めかな~と思っていたら、すでに新しいものに交換されていました。
階段、そうなんです。
実はあの階段はまだ登ったことがありません ^^;



nousagi さん♪
このあたりはお天気本当むつかしいですよ(><)
この日ももっと晴れると読んで歩いたのですが・・・
そうでなくても連休がない私達なのですが、ここは2日続けて晴れ予報がなく、念願の馬蹄縦走になかなか挑めないでいます。



ちんぐるまさん♪
谷川岳三千回の森さんですね~
4回ほどお会いしています ^^v
by よしころん (2014-09-15 18:14) 

michi

"男前同士のコラボ!" いいですね。20回目もすごいことですね。
一昨年は”エゾアジサイ”、今回は”ウメバチソウ”と”ミヤマコゴメグサ”がずっとお供でしたか。

by michi (2014-09-16 06:15) 

suika

お~ お疲れさーん!!
この逆のコースはどうかな?
土樽に車駐車→茂倉→谷川→膝に優しい天神尾根→RW→電車
ま、その前に西黒尾根登ってから考える。
いつになることやら(笑)


by suika (2014-09-16 10:43) 

テリー

20回目、すごいですね。
10時間の山行は、凄すぎですね。
4時半出発というのは、前夜について、仮眠と言うことでしょうか。
by テリー (2014-09-16 19:03) 

よしころん

michiさん♪
「男前同士のコラボ」ご賛同いただきありがとうございます(笑)
そういえば一昨年はヘビやカエルもたくさんいました(爆)



suikaちゃん♪
唐松よりお帰りなさい~ヽ(^o^)丿
実は唐松は未踏なわたしたち ^^;

そうだねRW利用の逆コースなら若干楽かもしれない。
いずれにせよ電車に間に合うように歩かないといけないから、自分の歩くペースを把握しておく必要はあります。
茂倉新道も西黒登るのと辛さはそう変わらないと思います。
茂倉新道の登りで脚にきてしまうと一ノ倉岳からノゾキへの急な下りが結構危険。
西黒登る前に白毛門登っておくといいかもしれません ^^v
(白毛門ピストンできれば西黒尾根もだいじょうぶい!)



テリーさん♪
シーズンに1~2回は10時間近い山行があります。
休憩を除いた山行時間は約9時間半でした。
私たちは少しでも家で寝たほうがよいタイプなので21時~1時頃まで家で寝たあと、1時半頃の自宅出発です。
by よしころん (2014-09-17 07:27) 

ちぃ

谷川岳20回、すごいです\(^0^)/ 男前な山、いつか1度でいいの
で登って見たいです♪
電車で10分を10時間かけて楽しむのはやっと登山道の花が見えるように
なってきた私には夢のような山歩きです(´▽`)白馬もへーへでした(^^”
「セルフタイマー間に合わず」はとってもほのぼのしちゃいましたー♡
TV録画してみました♪(^^)♪

by ちぃ (2014-09-17 18:29) 

koiz

このコース歩こうと思ってましたが、天気が合わずに流れてしまいましたので
興味深く拝見させていただきました。
ちょっと男前すぎて怖いような気もしますが、やっぱり素敵なところですね^^

今夏はあまり山あるきできなかったのですけど、
連休に苗場側から谷川岳を眺めてきました^^v
by koiz (2014-09-18 08:22) 

imarin

セルフタイマー間に合わず・・・あるあるですw
谷川岳カッコいいですね~!
山番組でも見るたびに行きたくなる山です。
関東で山友見つけたら行こう♪
白い世界・・写真見たら無性に恋しくなりました。
by imarin (2014-09-18 10:19) 

よしころん

ちぃちゃん♪
白馬からおかえり~ヽ(^o^)丿
よい山旅だったようでよかったね♪
小屋泊だとなかなかゆっくり寝られないこと、みんな経験ありますよ ^^;
それにも勝るものがあるからね~~
いつか黒部五郎も行ってみてね! (でもちょっと遠い ^^;)



koizさん♪
おひさしぶりです~~ヽ(^o^)丿
コメントありがとうございます!
レコでも全くお見かけしないので、「koizさん、どうされてるかねぇ」2人して案じていました。
お元気そうでなによりです♪
お!どのあたり歩かれたのかしら~ レコアップお待ちしています ^^v



imarin さん♪
10秒で間に合わず、20秒で撮り直しました(笑)
谷川岳カッコいいでしょ~~~ヽ(^o^)丿
この雄姿に惚れて今に至るわたしたちです ^^v
何度登っても惚れ惚れするし、ワクワクするし、恐ろしいし、初心に帰らしてもらえる場所です。
by よしころん (2014-09-18 13:59) 

おど

谷川岳も、今年こそと狙っていましたが、もうひと息の所で距離が足りませんね…。 しかし、この調子なら来年は日帰りでいけそうです。(笑)
by おど (2014-09-18 21:38) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0