SSブログ

きぼう現る☆☆☆☆ (2021年4月) [山暮らし]

DSC_0436_00001.jpg

4月6日19時すぎ 近所の展望台にて

構図失敗の巻…^^;











DSC_0484_00001.jpg

4月27日3時半すぎ 自宅庭にて 試し撮りの1枚



2人の日本人宇宙飛行士野口さん・星出さんを乗せた issきぼう、自宅と絡めて撮るはずが…

4時15分過ぎには北斗七星を突っ切り北極星の下を issきぼう が光輝きながら通過していきました

構図的には間違っていなかったのですが…

夜明けが近づいていたため試し撮りの設定では空が白く飛んでしまい見事に失敗 ぎゃ~~~(><)

2人の日本人宇宙飛行士を乗せた記念すべき issきぼう 心の目に焼き付けたのでした ToT


4月の issきぼう 観測写真は2回とも失敗に終わりました ToT

それでも夜空を輝きながら飛んでいくきぼうを眺めているといつも幸せな気持ちになるのです

今後もチャンスのある日は引き続き観測予定です(失敗写真も多々あると思いますがご容赦ください^^;)

















DSC_3573_00001.jpg

庭に咲いた ヒメイチゲ♪

シカに食され我が家では絶滅したと思っていましたが、シカ柵効果で見事復活\(^o^)/

ヒメイチゲはイチゲのなかでも小さな小さな花なので山を歩いていても見逃す人が多い山野草のひとつだと思います

どれくらい小さいかというと…











DSC_3574_00001.jpg

隣に爪楊枝を立ててみました

一般的なヒメイチゲは爪楊枝ほどの背丈があるのですが、我が家は環境が厳しいためか通常サイズの半分以下^^;

ヒメイチゲセンサー搭載のパートナーが見つけてくれました♪

今後も不安なく庭の新芽や花芽を観察出来る日が続いてくれますように♪










山の家を購入して2年半、相変わらずシカとの格闘は続いているのですが先日設置した電気柵効果でシカの食害ストレスは少し軽減されつつあります。

山野草を植えては食べられ、植えては食べられ、植えては食べられ…
https://yoshikoronron2.blog.ss-blog.jp/2020-06-26
草花だけでなく既存の木々の新芽や花芽も後ろ足を軸にして立ち上がり届く高さのものは食べます。
雪に覆われた冬は特定の木の樹皮を剥いで食します。 この冬は庭の2本の樹木が被害に遭いました。
ぐるりと一周樹皮を剥がされた木はやがて立ち枯れてしまいます。

我が家だけでなく霧ヶ峰周辺でのシカの食害は深刻で、年間3000頭前後のシカが駆除されていますがそれでも間に合っていないのが現状です。
30年前の霧ヶ峰は山全体が黄色く見えるくらいニッコウキスゲが咲き誇っていたそうですが、今はシカ除けの電気柵で囲われた範囲内で見られる程度。
別荘地内にある我が家、ヒトを見ない日はあってもシカを見ない日はありません。
別荘地内はワナや狩猟も不可。ゆえに別荘地というのはシカにとって天国なのですね…
彼らもそれを分かっているのでしょう。

シカ対策、知り合いの霧ヶ峰自然保護センターの方にも相談し、やはり個人として現時点で費用対効果含め一番効果的なのは電気柵という結論に至りました。


IMG_6215.jpg

電気柵、敷地全体に張り巡らすのはとても無理なので、家の南西側約100坪に2人共同作業で半日がかりエッチラオッチラ設置しました。(ソーラーパネル式 某熱帯雨林ショップにて購入)
生きるために食べる…彼らが悪い訳ではありませんが、自然のバランス難しいです。


nice!(75)  コメント(21) 
共通テーマ:blog

勝間薬師堂 + α (2021年4月) [桜]

DSC_0471_00001.jpg

勝間薬師堂の桜 全景です

左の枝垂れ桜が前記事の1・2枚目

右の枝垂れ桜が前記事の3・4枚目

こうして比較すると真ん中の桜はピンク色が強いですね



















DSC_0474_00001.jpg

こちらはほど近くの名もなき枝垂れ桜

登山口でした^^











DSC_0476_00001.jpg

こちらの枝垂れ桜も立派でしょう♪

次回はここから山に登ってみたいと思っています^^



















DSC_0478_00001.jpg

振り返って 勝間薬師堂

薬師堂の枝垂れ桜が周りの桜と比較して一際大きなことが分かるでしょうか




山の家周辺の桜は今まさに満開

例年はGW頃に満開を迎えるので日本各地と同様10日前後は早い見頃になりました♪











庭の一部に設置したシカ除けの電気柵、今のところ効果絶大のよう!
毎朝新芽や花芽の成長を観察出来る喜びを感じています。
詳細はまた次回記事のつぶやきにて^^


nice!(73)  コメント(21) 
共通テーマ:blog

勝間薬師堂 (2021年4月) [桜]

DSC_0470_00001.jpg

光前寺を後に訪れたのは

勝間薬師堂

こちらの枝垂れ桜は昨年に続き2年連続の訪問♪


















DSC_0467_00001.jpg

根元から見上げると、これまた素晴らしい♪



















DSC_0462_00001.jpg

こちらはもう1本の枝垂れ桜


















DSC_0457_00001.jpg

いずれの枝垂れ桜も樹齢は150年前後とか

長野県内には長寿の桜の大木が多く存在しているように感じます

高遠城址公園のほど近くなのですが

城址公園の桜より約1週間遅れて満開になります

確かにちょうど1週間前に高遠城址公園に訪れていました

どちらの桜も満開の時期に訪れることが出来たのはありがたいことです♪



続きます^^










昨日、ついにシカ除けの電気柵を庭の一部に設置しました!
設置は2人共同作業で半日を要しました。
効果のほどは…まだなんとも言えませんが、今のところ庭にシカが侵入した形跡なし^^v
山野草を植えてみて、電気柵を飛び越えてやって来るようであれば、もうひと回り高さのあるポールを追加設置予定。
太陽光パネルでの充電式なので1日中通電しても電気代はかかりません。
電圧は(君の瞳は)一万ボルト!!
人や動物が触れても感電死するようなことはありませんが、触れた途端ビリッ!とした痛みが走るそう。
(パートナー、うっかり通電中に触れたそうです^^;)

これで積年のシカストレスが解消されるとよいのですが~


nice!(64)  コメント(15) 
共通テーマ:blog

春は新潟⑤ (2021年3月) [新潟]

DSC_3308_00001.jpg

オオミスミソウ

花と葉っぱ、撮れそうでなかなか撮れないので貴重な1枚


桜の続きもありますが、3月の新潟山野草の記事、忘れてしまいそうなので先に公開します^^;











DSC_3302_00001.jpg

花開いたばかりの可愛いこちゃん♪



















DSC_3477_00001.jpg

カタクリ

先週も新潟へ赴きましたが、カタクリは終盤になっていました



















DSC_3460_00001.jpg

コシノコバイモ

カタクリとほぼ同時期に見ることができます

手前にカタクリの葉が見えていますね

こちらもそろそろ終盤です



















DSC_3486_00001.jpg

ミチノクエンゴサク

カタクリよりもやや遅れて咲きます

株によってピンク~紫~青…花の色が微妙に異なり見ていて飽きないお花

小さな小さなエンゴサクですが、新潟の春には欠かせない山野草のひとつです











昨年地植えにしたフクジュソウ、なかなか芽吹いてこないので寒すぎてダメだったのかな…思っていたら
「フクジュソウが芽吹いてるよ!」朝、庭の見回りをしていたパートナーが見つけてくれました。
麓でのフクジュソウ開花の便りから約1ヶ月遅れ、ようやく目覚めてくれました。
しかし地植えにしたミスミソウは未だ気配なし…こちらは厳しいかも。
庭のあちらこちらでジャンジャン芽吹いているのがオダマキ!
生育環境がオダマキには合っているのでしょうね。期待大です♪ 
シカ食べられないように早めに電気柵を設置しないと~

昨日朝は出勤時に雪が降っていました。八ヶ岳も標高の高いところは冠雪。
もうしばらく朝晩のストーブは欠かせそうもありません。


nice!(71)  コメント(19) 
共通テーマ:blog

宝積山 光前寺 後編 (2021年4月) [桜]

DSC_0447_00001.jpg

光前寺

前回からの続きです



















DSC_0448_00001.jpg

見事な桜ですねぇ♪



















DSC_0450_00001.jpg

見事なお庭ですねぇ♪



















DSC_0452_00001.jpg

この頃から三脚を構えた人たちが増えてきて…

人も増えてきて落ち着いて撮れなくなってきたためか、何故か池への映りこみを1枚も撮っていませんでした(><)

因みにわたくし昼間の撮影に三脚は使用しておりません

こういう場所では他の方の迷惑にもなりかねませんしね



















DSC_0455_00001.jpg

お参りを済ませ門前まで戻ってきましたが、中央アルプス方面はまだ雲の中でした^^;

次の場所に向かいますー











週に1度はパートナーと麓の里山を歩いているのですが、その道すがらフキノトウを採っています。
このところの暖かさでさすがにもう終わっただろうと思っていたところ、道沿いにワラワラと芽吹いたばかりのフキノトウが!
思った以上に収穫(笑)出来たので、夜天ぷらにしていただきました♪
パートナーも「美味しい、美味しい!」と^^
新鮮な素材がよかったのか、揚げ方が上手かったのか、はたまた双方合致だったのか(笑)
おそらくこの春最後であろう春の味覚を堪能できました\(^o^)/

コシアブラも新芽が動きはじめました。 ただコシアブラは地元民の争奪戦必至^^;
採りつくしてはいけないし、自分たちの休日と新芽が展開するタイミング次第でしょうか。
コシアブラー!どうか待っててねー^^;

nice!(73)  コメント(23) 
共通テーマ:blog

宝積山 光前寺 (2021年4月) [桜]

DSC_0439_00001.jpg

天台宗別格本山 宝積山光前寺

国の文化財にも指定されている長野県内唯一の名勝庭園

平日とはいえ多くの来園者が予想されるため、開園時間の8時半に訪れました


















DSC_0437_00001.jpg

朝から晴天予報でしたが、中央アルプス方面はまだ雲の中…^^;



















DSC_0438_00001.jpg

境内には約70本のしだれ桜が植えられ、古いものは樹齢約200年にも達するそうです



















DSC_0442_00001.jpg

ちょうど花の盛りの時期に訪れることができました♪

早い時間帯でしたので、他の人もまだ数えるくらいしかおらず静かに散策することができました

光前寺、次回も続きます♪










前記事で寿命の冬タイヤ装着中とつぶやきましたが、スリップサインが出ているのはパンクした後輪1本のみ。
(交換時いつもタイヤローテーション実施していたのですが^^;)
万が一積雪があったり、凍結したりするとノーマルタイヤでは麓に下りることも上ることもできなくなります。
ということでへたれた冬タイヤにがんばってもらっています。
駆動する前輪のタイヤはまだまだ元気なのであと1ヶ月前後なんとか乗り切ってくれる…といいなぁ。

nice!(79)  コメント(21) 
共通テーマ:blog

3月の山野草③ (2021年3月) [花]

DSC_3328_00001.jpg

セリバオウレン











DSC_3315_00001.jpg

春一番に咲く、まさに地上の星のような小さなお花です♪











DSC_3318_00001.jpg

スプリング・エフェメラル(春の妖精)のような雰囲気のお花ですが、オウレンは四季を通じて常緑のため

夏前には消えてしまうスプリング・エフェメラルには該当しません











DSC_3319_00001.jpg

春新潟で会えるのは キクバオウレン 葉っぱの違い分かりますか


花姿はソックリですね^^











DSC_3329_00001.jpg

この株は色合いがややシックな雰囲気でした

このセリバオウレン、里山のとある一角にだけ大群生しています♪

大好きなお花が買物に行く途中で会えるのは嬉しい限り♪

周辺ではフキノトウを摘むことが出来ます^^











先日のパンク修理の際、「冬タイヤ寿命のため、即夏タイヤに交換してください」整備の方よりお達しがあったのですが、
我が家は山間部のため朝の気温は未だ氷点下…
先日は朝起きるとうっすら積雪(><)
やはり朝の気温がプラスで安定するまで夏タイヤへの交換は保留にいたしました。
今朝はここ最近では一番冷え込んで氷点下8℃。
GW過ぎるまでは油断禁物のようです。

へたれても冬タイヤ…^^; 
いずれにせよ寿命のタイヤなので、スリップに注意しつつギリギリまで履きつぶすつもりです。


nice!(76)  コメント(16) 
共通テーマ:blog

高遠城址公園 天下第一夜桜 後編 (2021年4月) [桜]

DSC_0417_00001.jpg

高遠城址公園、夜桜の続きです♪

桜の花はいつどこで見ても美しいのだけれど、夜桜はさらに妖艶さが加わるように感じます



















DSC_0407_00001.jpg

城址公園内には樹齢140年を越える古木を含め、約1500本のタカトオコヒガンザクラが一斉に咲き誇ります

140年前の城址公園にはどんな世界が広がっていたのかな…



















DSC_0428_00001.jpg

ホモサピエンスの憂いなど何処吹く風

人が見ようが見まいが春になると花開く

決して媚びることなく咲く姿に人は惹かれるのでしょうか

美しくも妖しい夜桜に感謝の夜でした


nice!(71)  コメント(13) 
共通テーマ:blog

高遠城址公園 天下第一夜桜 (2021年4月)  [桜]

DSC_0402_00001.jpg

「天下第一の桜」と言われる 高遠城址公園に行ってまいりました♪


昨年はコロナウイスル感染拡大防止のためさくら祭りは中止

高遠城址公園は立入禁止となってしまいました

2年ぶりのさくら祭り、感染対策を実施しているとはいえ混雑は必至…

そこで平日の夜桜ならばいくぶん人も少ない…かもしれない

勤務終了時間にパートナーをピックアップして高遠に向かいました


パートナーの勤務先から高遠までは峠越えがあるものの、ほぼ一本道で約40分(意外に近い)

夜の帳が下りつつある高遠城址公園に到着



















DSC_0416_00001.jpg

漆黒の夜空に浮かび上がる「天下第一の桜」お見事でございます!

高遠城址公園の桜は「高遠小彼岸桜(タカトオコヒガンザクラ)」高遠固有種

赤みの濃いピンクの小花が枝にびっしりと咲き、ぱっと咲いてぱっと散る、花の 期間が短いのが特徴だそう



















DSC_0425_00001.jpg

ピン甘ご容赦…m(_ _)m

見上げた写真ばかりなのは… 

はい、やはりそれなりに混雑しておりまして普通に撮ると人だらけになりんす^^;

それでもゆっくり写真を撮ることが出来るくらいの人出

飲食可能エリアでも探すことなくベンチに座ることが出来ました


ライトの色や当たり方で花の色が違って見えるのも夜桜ならでわかもしれません^^

続きます♪


nice!(82)  コメント(26) 
共通テーマ:blog

春は新潟④ (2021年3月) [新潟]

DSC_3394_00001.jpg

今回は ミスミソウ色々です♪











DSC_3300_00001.jpg

まさに開花したばかりの花

雄しべのピンク色がなんて綺麗なのでしょう



















DSC_3401_00001.jpg

淡いブルーのタイプ











DSC_3415_00001.jpg

こちらは同じブルーでもかなり色が濃いタイプですね



















DSC_3430_00001.jpg

こちらは雄しべが紫色

ひとつひとつ微妙に色合いや組み合わせが異なっていて見飽きることがありません^^

カタクリの花も色を添えてくれています

やはり春の新潟は外すことができませぬー










先週木曜日、孫娘2人が通う保育園から次女の勤め先に「すぐに迎えに来てください」連絡が入る。
園内でコロナ陽性者が確認されたそうです。
園は即休園、土曜日には園児含め保育園関係者全員がPCR検査。
月曜日には全員の陰性を確認し、火曜日より保育園再開。
保育園クラスターはなんとか防げたようです。

とうとう来たか…じじばばはヒヤヒヤしましたが、ひと安心いたしました。
このウイルス10歳未満の子供はほぼ重症化しないようなので、もし感染していたとしてもそう心配する必要はないのかな…思ってはおりました。
医療従事者の次女はすでに一回目のワクチン接種を終了しました。

変異種によるものなのか、ここのところの全国的な感染者増加傾向は心配です…
一筋の希望であるワクチン接種が順調に進むことを望むばかり。

nice!(62)  コメント(18) 
共通テーマ:blog