SSブログ
前の1件 | -

皐月 (2022年5月) [共に生きる]

DSC_1305_00001.jpg

田んぼヶ池

背景の森はいつもお世話になっている里山♪



















DSC_1308_00001.jpg

田植えの準備中~



















DSC_1263_00001.jpg

山は冷えたみたい


















DSC_1254_00001.jpg

ヒメイチゲ♪ なんと自宅から30mの場所に群生地発見!\(^o^)/











DSC_1268_00001.jpg

ムラサキケマン♪ いつもの里山











DSC_1283_00001.jpg

ヤマツツジ♪ いつもの里山











DSC_1274_00001.jpg

チゴユリ♪ いつもの里山


















DSC_1357_00001.jpg

毎日変化する新緑の様子にウキウキ♪


















DSC_1362_00001.jpg

18時頃まで土砂降りだったこの日

21時頃、ふと空を見上げると満天の星空が!? 慌てて出動した夜^^;











昨年9月から始まったパートナーのガン治療。
5月は治療を開始して以来、心身共に穏やかに過ごせた月のように思います。

免疫チェックポイント阻害薬「バベンチオ」による入院治療は2週間に一度、懸案だった副作用もパートナーの場合はほぼ皆無。
食欲も戻り、長く苦しんだ骨髄抑制による不調からもほぼ脱却。週に一度は里山を歩くことも出来ていました。
そして大きな進歩としては「ナルサス」から離脱出来たこと。「ナルサス」は持続性がん疼痛治療剤、いわゆる医療用麻薬です。
ガンと診断されてほどなく疼痛が出現。酷いときは横になって眠ることができない状態でした。
一日一回の服用なのですが、最大時は8㎎を服用。6㎎以上服用すると痛みは感じなくなるものの副作用として酷い便秘…
生まれてこのかた便秘には無縁だったパートナーにとってはかなりのストレスだったようです。
主治医からは「痛み止めは飲まないに越したことはないので自分の判断で減薬を行ってよいですよ。」との弁。
4クールのGC療法を終了した頃には2㎎まで減薬できていました。
3月に原発巣を摘出。術後の痛みがあったため一旦4㎎に増やしましたが、4月下旬には再び2㎎まで減薬。
なんとか早く離脱したいと1日おきに服用してみる等、工夫してみたのですが、服用しないことに対しての不安もあるのか、はたまた医療用とはいえ麻薬の離脱症状なのか…飲まない日はなんとなく落ち着かない様子。
仕方なく2㎎の錠剤を半分にして(つまり1㎎)毎日服用していました。

「バベンチオ」治療での入院時、主治医に相談。
「『ナルサス』今回の入院で断薬しましょう! 1㎎だと効果は数時間の状態ですし。入院中なら何かあっても対応できるので。」
入院中の安心感もあったのでしょう。「ナルサス」あっさり断薬できました\(^o^)/
その後、痛みが出現した際は「カロナール」で対応。現在(2022.7月)に至るまで断薬による離脱症状も現れていません。

2週間に一度の治療、1週間に一度の軽い山歩きをこなすことが出来ていた月でした。
このままの状態が続いてくれれば…
ただ現実はそう甘くありませんでした。










病院薬剤師の次女がブログをはじめたそうです。よろしければお時間あるときにでも覗かれてみてください^^

中堅薬剤師しーな♀と2流(薬剤師+エンジニア)C.C♂夫妻のブログ



nice!(70) 
共通テーマ:blog
前の1件 | -