SSブログ
前の1件 | -

2024年も ゆるゆる進もう~♪ ① [共に生きる]

【 これまでの闘病経緯 】
 
2021年9月    パートナー(夫)右腎盂癌の診断(傍リンパ節・肝臓・左鎖骨リンパ転移)ステージⅣ
         GC療法(抗がん剤治療)開始
       
         GC療法1クール目の入院中に脳梗塞(右脳塞栓症)発症、生死をさまよう 
         脳外科医より左半身麻痺のため最長半年の入院およびリハビリと言われたところ驚異の回復で2週間で退院

2021年10月   狭心症の診断(おそらく脳塞栓症の原因…)

2022年1月    GC療法4クール終了  CT評価にてがんの所見がなくなる

2022年2月    PET-CT においてもがんの所見なし 当初不可と言われていた手術決定

2022年3月    右腎臓および右尿管摘出手術 

2022年4月    免疫チェックポイント阻害薬「バベンチオ」による維持療法開始
       
2022年6月    右副腎への転移確認 
          免疫チェックポイント阻害薬「バベンチオ」5回投与にて終了
          抗体薬物複合体(ADC)「パドセブ」療法開始(5クール目より10%減薬)

2022年12月   「パドセブ」7クール終了後のCT評価にて再びがんの所見がなくなる

2023年      休薬

2024年     休薬継続中









こんにちは^^ みなさまいかがお過ごしでしょうか。
先日今年はじめてのCTおよび血液検査がありました。
ヒヤヒヤぶりは毎度変わらずですが、今回も特に異常なし。おかげさまで今年も2人桜を愛でることが出来そうです♪

夫の治療以外の近況としては1月末、私たちにとって3人目の孫娘が誕生しました♪
次女の婿殿が2か月の育休を取得出来たため、私の出番は婿殿の育休が終わったあとになりそうです。
初孫が生まれた7年前は父親に対してこんなにも長期の育休というのは考えられませんでした。時代は変わりつつありますねぇ。
次女は3回目の妊娠、産休、育休、そして帝王切開も3回目。(私が出産した頃、帝王切開は2回までといわれていました)
手術予定日は当初予定よりドンドン前倒しとなり37週1日目での手術。
医師からも過去2回の帝王切開で子宮がとても薄くなっているからね、万がいち何かあったらうちじゃ対処できないから…
等々かなり脅されており、さすがにヒヤヒヤものでした。
しかし本人の弁によると結果的には今回が一番楽だったそうです。(術後の痛みや麻酔の気持ち悪さ等)

4年半ぶりに手に抱く新生児。わぁ赤ちゃんてこんなに小さかったっけ…
でも天使の期間はとても短くて、あっという間に怪獣に成長するのだけどー。
大騒ぎしている2匹の姉怪獣たちを横目に思うばぁばなのでした^^;









image0.jpegmiori2.jpeg
nice!(50)  コメント(14) 
共通テーマ:blog
前の1件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。