SSブログ
前の1件 | -

入院 (2021年9月) [共に生きる]

DSC_0817_00001.jpg





パートナー(夫)にガンが見つかりました。

悩んで、凹んで、後悔して、たくさん泣きました。
ときおり大きな不安の波にのまれ、のしかかってくる恐怖に押し潰されそうになりますが、今は二人して前を向いています。
いずれ行く道、通る道だもの。

病によって気づかされたこともたくさんあります。
お互いや家族はかけがいのない存在であるということ。
そして心から心配してくれる友人知人たち。

ありがとう ありがとう ありがとう
会うことは出来なくとも、たくさんの人が寄り添って支えてくれていることを感じています。

パートナーはまもなく抗がん剤治療がはじまります。
夫婦2人、心ひとつに自然体で日々過ごしていきたいと思います。




DSC_0826_00001.jpg





友人が送ってくれた言葉

自然体で受け入れましょう
太陽の光、流れる雲、庭の花々、虫の鳴き声…
時に雨が降っても大地を潤す恵みの雨となるように
自然に癒やされて笑顔になれますように




DSC_0835_00001.jpg





ブログについては新規の記事更新は月に一回。
追記として日々の様子を時折記載しようと考えています。
9月はこちら記事に追記を重ねる形で更新させていただきます。

みなさまへのご訪問はやはり不定期にnice!のみとなることお許しください。
今はみなさんのコメントを受けとめるパワーが不足しているためコメント欄についてはしばらく閉じさせていただきます。
nice! な内容の記事ではありませんが、パートナーへの応援の意味も込めてnice! を押していただければありがたく思っています。
9/14 記










9/17 追記

「ガンが見つかりました」この言葉には誰もが大きな衝撃を受けると思います。もちろん私たちもそうでした。
医療従事者の次女に相談したところ「すぐに死ぬ箇所じゃないから大丈夫ー^^」明るい返事でした。

ガン細胞は元来自分の細胞が変化したもの、身体の中では毎日数千ものガン細胞が発生。
ほとんどは自身の免疫によって退治されるのですが、残ったガン細胞が加齢や喫煙等の要因で10~15年かけて少しずつ大きくなりやがて発症となるようです。
自分のなかにもガンのタネはあるということですね。
一昔前まではガン発症前に亡くなる方がほとんどだったのでしょうが、平均寿命が延びたため顕在化し発症する人が増えたということなのでしょう。

『ガンだ、死ぬんだ。もうダメだ。』この負の気持ちが自分で自分を追い込んでいくような気がします。
死は必ず訪れるもの。
ガンの場合は少なくとも即死ではありません。
パートナーの病と向き合うなかで自分たちにとって何が一番大切なのかを気づかせてもくれました。
人生のなかでもとても貴重な経験をさせてもらっているのかもしれない。
鬱々とした期間を経てそう思えるようになりました。

全身ガンでも活躍されている高須院長の記事

パートナーは抗がん剤治療1クール目の真っ最中。
安心して留守は任せろ! 治療踏ん張りやー!!




DSC_0863_00001.jpg



nice!(60) 
共通テーマ:blog
前の1件 | -